ハクビシン

ハクビシン駆除を行なって快適な生活を|野生のハクビシンは危険

近年の被害が深刻

住宅

ハクビシン、イタチ、アライグマは、日本で獣害被害を引き起こすことが多い動物たちです。民家などに侵入すると、糞尿での汚れや生ごみをあさったりするなど、人間を困らせてしまう行動をするという特徴があります。こうした被害を防ぐために、日本全国にはハクビシン駆除の専門業者が存在します。大手の駆除業者では、24時間365日いつでも連絡できる体制を整えているところもあるのです。獣害被害はいつ起こるか予想ができません。このようにいつでも連絡できる環境にあるということは、とても便利だといえるでしょう。この動物たちが原因となって何か困ったことが生じてしまったときには、すぐに業者へ連絡すると良いでしょう。

ハクビシンとは、近年被害が深刻化している動物です。その名前の通り、鼻から額にかけて白いスジがあることが特徴になっています。ハクビシンは、日本に昔からいた在来種なのか、外国からきた外来種なのかというのがわかっていないのが現状です。日本ではおもに、四国や東日本、北海道などで生息が確認されています。もともと山林に生息している動物です。近年は山林が開発されて住宅地などになったことにより、民家で発見されるケースが増えてきました。ハクビシンを見つけたら、自分で駆除することなく専門家へ連絡しなければなりません。特定外来種に指定されていないハクビシンは、法律によって個人が勝手に駆除を行なうことができないことになっているのです。住宅に住み着いてしまったハクビシンは、駆除をしなければそのまま住み着いてしまいます。病気やアレルギーなどを持ち込む可能性もあるので気をつけましょう。